マドリッド文書(ドキュメント)2011: 20世紀建築遺産の保存のための取組み手法(アプローチ) 2011年6月 マドリッドにて [Approaches for the conservation of twentieth-century architectural heritage: Madrid Document 2011. Japanese version]

(2011) マドリッド文書(ドキュメント)2011: 20世紀建築遺産の保存のための取組み手法(アプローチ) 2011年6月 マドリッドにて [Approaches for the conservation of twentieth-century architectural heritage: Madrid Document 2011. Japanese version]. Other. ICOMOS 12p. [Book]

[img]
Preview
PDF
Madrid_Document_2011_Japanese.pdf
Available under License Creative Commons Attribution Non-commercial No Derivatives.

Download (433kB) | Preview

Abstract (in English)

The obligation to conserve the heritage of the twentieth century is as important as our duty to conserve the significant heritage of previous eras. More than ever, the architectural heritage of this century is at risk from a lack of appreciation and care. Some has already been lost and more is in danger. It is a living heritage and it is essential to understand, define, interpret and manage it well for future generations. The Madrid Document 2011 seeks to contribute to the appropriate and respectful handling of this important period of architectural heritage. While recognising existing heritage conservation documentsi, the Madrid Document also identifies many of the issues specifically involved in the conservation of architectural heritage. Yet while it specifically applies to architectural heritage in all its forms, many of its concepts may equally apply to other types of twentieth-century heritage. The document is intended for all those involved in heritage conservation processes. Explanatory notes are incorporated where necessary and a glossary of terms completes the document.

20世紀の遺産を保存するという責務は、私たちが担う、それより以前の時代の遺産を保存してゆくことに対する責務とまったく同等なものになる。 この世紀(20世紀)の建築遺産は、今、真価に対する認知度の低さや保全不備などから、かってないほどの危機に晒されている。現状では、いくつかの遺産は既に失われ、さらに、より多くが失われようとしている。これらの遺産は、一つの「リビング・ヘリテージ、つまり生きた遺産」といえ、よって、まず、的確にそれらを理解、定義、解釈して、同じく上手に保存管理しながら未来の世代に継承してゆくことが、私たちにとって本質的に重要なこととなる。 『マドリッド文書(ドキュメント)2011』は、20世紀という建築にとって重要な時代の遺産を適切かつ敬意をもって対処することに、寄与・貢献するために作成されている。既存する遺産全般に関する保存文書iを踏まえて、この『マドリッド文書(ドキュメント)2011』では、加えて、建築遺産の保存にまつわる多くの特有な事項を識別している。それらは、特に様々な形態の建築遺産に適応されるものだが、一方では多くのコンセプトや考え方は、建築以外の20世紀遺産全般に等しく当てはまるものかもしれない。 『マドリッド文書(ドキュメント)2011』では、遺産の保存にまつわる様々なプロセス(手順)に関与する、すべてのものが対象となっている。 説明的な註釈は、随所、必要に応じて挿入され、「文末脚注」として記され、また、関連用語・術語集が文書の最後に「用語集」として記されている。

Item Type: Book (Other)
Corporate Authors: ICOMOS International Scientific Committee of Twentieth Century Heritage; Chitkara University
Languages: English, Japanese
Keywords: 20th century architecture; conservation principles; guidelines
Subjects: A. THEORETICAL AND GENERAL ASPECTS > 09. Philosophy of conservation
C.ARCHITECTURE > 01. Generalities
E.CONSERVATION AND RESTORATION > 02. Theory and doctrinal texts
International Scientific Committee: 20th Century Heritage
Number of Pages: 12
Depositing User: ICOMOS DocCentre
Date Deposited: 22 Jun 2022 15:53
Last Modified: 22 Jun 2022 15:53
URI: https://openarchive.icomos.org/id/eprint/2676

Actions (login required)

View Item View Item

Metadata

Downloads

Downloads per month over past year

View more statistics

© ICOMOS
http://www.international.icomos.org
openarchive(at)icomos.org